01_REASON

幅広い経験を通じて
成長するために。

就職先を探している時に、同じ大学からいい生活に就職した先輩がいることを知り、興味を持ちました。その後、会社説明や面接を通して、事業の展望や業務内容についてさまざまな話を聞き、広く経験を積めそうと思ったのが入社のきっかけです。

02_WORK

緊張感を持って、自社サービス
の提供基盤を運用。

当社がサービスを提供する上でのハードウェアやミドルウェアなど、比較的低レイヤーな部分を幅広く担当する部署に所属。主力商品である「ESいい物件One」などのサービス提供基盤の運用に携わっています。

現在は自社でハードウェアを持つオンプレミス環境がメインです。その中で、各種サービス提供のための処理基盤をどう賄うかという課題は常にあります。また、サービス提供に伴い蓄積されるログも、とても目で見切れる量ではないため、監視システムの構築や、ログを集計・分析する環境を用意することも行っています。

部の役割上、一歩間違えるとサービスの停止につながりかねない業務もあるので、間違いがないようにというのは大切にしています。自分の理解は正しいか、何か見落としている事がないかなどを十分考えて、チームメンバーとも共有して進めることを大切にしています。

社員紹介 06

03_EPISODE

影響力のあるプロジェクトで、
成長をつかむ。

当社は今、サービス環境をオンプレミス(自社運用)で行くか、クラウドに移すかという過渡期です。すでにオンプレミスで動いているサービスもありますが、その中でも、当社サービスの広範で使われている内部サービスのリプレイス(置き換え)を手がけました。利用するサービスが多いことから失敗した場合の影響も大きく、不安の中で進めたプロジェクト。自身の技術力不足や時間不足を、まわりのメンバーにもだいぶ助けていただき、無事リリースすることができました。直接大きな利益を生み出す類のものではないですが、リリース後は内部サービスも安定して動いており、開発中に試験したようなパフォーマンス改善もおおむね確認。安定して提供できるものにできたという意味で、満足感のあるプロジェクトでした。チームでの仕事の進め方といった面でも、技術的な面でも、自身の成長を実感することができました。

04_VISION

将来の運用まで見据える、
視野の広いエンジニアへ。

今は主として現在提供しているサービス環境の維持・改善などの運用業務を行っていますが、サービスの提供基盤に関しては、いろんな方が関わりながら何年も運用していくものであるということを実感として感じています。将来的にどう運用していくかまで考えてインフラを構築できるような、視野の広いエンジニアになりたいと考えています。

社員紹介 06

SCHEDULE

09:00

メールチェック、サーバ監視

10:00

プロジェクトミーティング、当日作業確認等

11:00

既存環境運用系作業・計画、事務作業、その他のタスク処理

12:00

ランチ

13:00

新規開発作業、環境構築・設定作業、技術調査等

16:00

部内での定例ミーティング、作業についての社内調整・相談

17:00

作業振り返り、メールチェック