お問い合わせ
ホーム > 企業 > 事業内容

事業内容

事業環境

不動産市場は全ての人の生活に直結する大変重要な市場。 その市場が今、テクノロジーの力で大きく進化しようとしています。

不動産業はGDPの約12%を占める巨大市場ですが、まさに「不動」産を扱っていることから、地域密着を志向する中小規模の事業者が日本中の地域商圏に多数存在するという市場構造となっています。宅地建物取引業の免許を持つ事業者が約12万、その他不動産管理業を営んでいる会社も含めると更にその数は大きくなります。これら不動産業、不動産管理業を営んでいる事業者が当社の潜在的顧客層となります。

小規模の事業者が多く、各社の規模感が制約となり、IT・システム関連投資は進んでいるとは言えず、IT化はまだまだこれからという状況です。 一方、不動産事業者の顧客である一般消費者の利便性や、不動産会社自身の経営効率化、生産性の向上を考えるとIT化の道は避けて通れません。そういう市場に「IT」を届けるにはどうしたら良いか。
私たちの答えは、必要なシステムをクラウド・SaaSとして、サブスクリプション(継続課金)モデルで利用してもらうというものでした。

不動産市場の特性

不動産市場の特性
不動産市場の特性

ビジネスモデル

事業内容
事業内容

いい生活は、「テクノロジーで不動産市場をより良いものに」というミッションの実現に向け、「不動産市場になくてはならない情報インフラになる」というビジョンを掲げ、市場規模約60兆円とされる巨大な不動産市場において、「情報テクノロジー×不動産」という新しい市場領域を創出し、顧客である不動産事業者の業務をテクノロジーで進化させ、不動産業並びに不動産市場のDXを推進する事業を展開しております。

以下のような不動産事業者にとっての経営課題を解決するためのシステム・アプリケーションを企画・開発し、利用期間に応じて料金をお支払いいただく(サブスクリプション、継続課金モデル)クラウド・SaaSとして提供しております。

このようなニーズに応えていくために、私たちは、システム・アプリケーション(SaaS)の企画・開発、マーケティング・セールス活動、導入いただいたお客様へのコンサルティング、サポートを行い、比較的中小規模の企業が多い不動産市場のDXを推進し、不動産事業者の生産性向上に貢献すると共に、不動産事業者が彼らの顧客である一般消費者にとってより利便性の高い不動産取引エクスペリエンスを提供できるようなサービスを展開しております。
いい生活は、不動産市場に特化、業界特化型、垂直展開を志向するSaaSとしてのユニークなポジションを活かし、不動産市場におけるあらゆる場面で当社のサービスが使われるようにサービス領域を拡大し、「不動産市場に不可欠な情報・取引インフラ」となることを目指し、不動産会社の生産性向上と消費者の利便性向上に貢献しています。

サービス
サービス
企業
ミッションとビジョン
代表挨拶
会社概要
事業内容
企業理念・バリュー
役員紹介
沿革
組織図
健康経営宣言
ESG・サステナビリティ
コーポレート・ガバナンス
内部統制システム構築の基本方針
ITサービス基本方針
情報セキュリティ基本方針
ニュース
IRリリース
プレスリリース
お知らせ
メディア掲載
IR・投資家向け情報
経営方針
業績ハイライト
個人投資家の皆様へ
IRニュース
IRカレンダー
IRライブラリ
株式情報
コーポレート・ガバナンス
IR用語集
よくあるご質問
免責事項
IRニュースメールの配信登録
採用
採用
お問い合わせ
広報・メディア・取材について
IRに関するお問い合わせ
採用に関するお問い合わせ
当社に関するお問い合わせ
サービスに関するお問い合わせ

ページ
トップへ