01_REASON

3つの希望が、すべて叶う。

前職でBtoC領域のサイト制作やリニューアルに携わっていたのですが、その経験を活かしBtoBのサービス開発に携わりたいと思っていました。フロントエンドエンジニアとして更に成長できる環境を求めていた時にいい生活に出会い、興味があったUI・UXの分野にも関わりながら活躍できる場があったことが入社の動機となりました。

02_WORK

ユーザーからのフィードバックが
達成感と活力になる。

フロントエンドエンジニアとして、いい物件Oneウェブサイトやいい物件Oneのオプション機能の改修・新規開発を行っています。いい生活にはインハウスのデザイナーがいないため、画面UIの設計・デザインから実装まで行うことが多いですが、大きいプロジェクトになるとデザインを外注することもあるため、パートナー企業の方とのやり取りを行ったりもします。ユーザーヒアリングやユーザーテストを行ったり、どんな画面ならユーザーが使いやすいかを考えたり、サーバサイドの方とやり取りをして開発したりしていくことは大変ですが、リリース後に使いやすい・分かりやすいとの声を頂けるとすごく達成感を感じ、頑張った甲斐があったなと次の仕事への活力になります。

社員紹介 08

03_EPISODE

ヒアリングを通じて、
要望を見極める。

最近だと、ヒアリング調査のために顧客先へ訪問したことが印象深い出来事ですね。UXに関して本や勉強会に参加していたので知識として知っていましたが、アウトプットが出来ていませんでした。そこで、今携わっているプロジェクトが発足した時、8月に新設されたUXデザイン部の部長(UX・ユーザビリティのスペシャリスト)とプロジェクトのPMに、実践でやらせて欲しいと相談し機会を頂くことができました。
そして顧客先に訪問をしてヒアリング調査やユーザーテストを実施し沢山お話を伺いました。顧客が実際に何を求めているのか・こちらが想定していた要件との差異など、発見がたくさんありました。これにより明確な判断軸ができたことで、優先度や重要度を決めやすくなりましたね。ヒアリング能力に関してはまだまだなので、精進していきたいと思っています。

04_VISION

デザインとエンジニアリング
の架け橋へ。

UXエンジニアとしての経験を積んでいきたいと考えています。個人的にはバリバリコードを書いていくよりも、この先はデザインやUXのプロフェッショナルとしてのスキルや経験を積んでいきたいと考えています。ただ、UIのイメージや導線を確認するためにプロトタイプを作成するので「コードを書く必要がない」とも思っていません。デザイナーとエンジニアの中間というイメージですかね?デザインとエンジニアリングの架け橋になっていけたらと思います。

社員紹介 08

SCHEDULE

09:00

朝会、本日のタスク確認、メールチェック

10:00

関係者ミーティング(仕様・UI検討・レビュー)

11:00

サイトの開発業務

12:00

ランチ

13:00

サイトの開発業務

17:00

工数入力、タスク整理、日報作成